カテゴリー別アーカイブ: wxWidgets

wxWidgetsのインストール

ここでは,MinGW環境下でのwxWidgetsのインストール方法をまとめます.

UNIX環境下でソフトウェアをインストールする場合,C言語などで記述されたソースプログラムからコンパイルしてインストールすることが一般的な方法の1つとなっています.

MinGW環境下ではC言語のコンパイラ(GCC)が使用できるので,これに基いてコンパイルとインストールを行うわけです.

wxWidgetsは https://www.wxwidgets.org/ のサイトで配布されています.
 
 
例.ソースパッケージ wxWidgets-3.0.2.zip をインストールする作業

Step-0: wxWidgets-3.0.2.zipを展開してソースパッケージ用フォルダ wxWidgets-3.0.2 を作ります.これを C:¥ に配置します.
 
 
Step-1: MinGWのヘッダファイルの編集
C:¥MinGW¥include¥commctrl.hの中に

#define TV_DISPINFO __AW(NMTVDISPINFO)

という行がありますが,(探してください)これを,

#define TV_DISPINFO NMTVDISPINFO

に変えてください.(くれぐれも慎重に!.全角文字はNG!)
 
 
Step-2: MinGW Shellを起動して,カレントディレクトリを C:¥wxWidgets-3.0.2 に移動する.
 
 
Step-3: 下記のコマンドを発行する.(コンパイル環境の準備)

./configure --prefix=/mingw --enable-unicode --disable-debug --disable-shared --with-msw --with-regex

この処理を確実にしないといけません(試練!)
しかもこの処理は結構時間がかかります.マシンの性能が低い場合は30分くらいかかったりします.
 
 
Step-4: 下記のコマンドを発行する.(コンパイル処理)

make all

 
Step-5: 下記のコマンドを発行する.(インストール処理)

make install

参考)Step-4 を省略して,Step-5を実行してもよい.

この処理も確実にしないといけません(試練!)
Step-4〜5はかなり時間がかかります.マシンの性能が低い場合は1時間くらいかかったりします!
 
 
トラブル対処例: コンパイル中に「wctype.hが無い!」と言われたら…

C:¥MinGW¥include¥wctype.h

C:¥MinGW¥msys¥1.0¥include

に複写してStep-3に戻ってみてください.
 
 
インストールが完了したら,C:¥wxWidgets-3.0.2¥samples 配下のどれかのサンプルを make して,そのアプリが出来上がること,またそれが実行できることを確認してください.