文字列⇔数値の変換

int, long, double といった数値の型の変数と文字列(String)オブジェクトの間で値の変換をすることは,実際のプログラミングでよく行われます.
 
数値から文字列に変換するには valueOf() メソッドを使います.また逆に文字列として表現されている数値を解釈して int, long, double などの型の変数に値を入れるには parse型名() メソッドを用います.
 
これらのメソッドを用いたサンプルを “valueConv1.java” に示します.

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
class valueConv1 {
	public static void main( String argv[] ) {
		int i = 1;
		long l = 2;
		double f = 3.4;
		String is, ls, fs;
 
		is = String.valueOf(i); //    int -> String
		ls = String.valueOf(l); //   long -> String
		fs = String.valueOf(f); // double -> String
		System.out.printf("\'%s\' , \'%s\' , \'%s\'\n",is,ls,fs);
 
		i = Integer.parseInt(is);   // String -> int
		l = Long.parseLong(ls);	    // String -> long
		f = Double.parseDouble(fs); // String -> double
		System.out.printf("%d , %d , %.1f\n",i,l,f);
	}
}

これを実行すると次のような表示になります.

'1' , '2' , '3.4'
1 , 2 , 3.4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)